大学院に進学すべきか

環境関連の職業に就くためには大学院に進学すべきか?答えはYESです。環境に限らず、理系の就職は修士(大学院2年で修了)を持っていることは普通になっています。大学院を出ていることは就職に有利になるというより、大卒では不利になるという言い方のほうが適切でしょうか。


実際は、大学院で2年過ごすより、会社で2年過ごす方が学ぶことは多いと思います。また、私が接した人の範囲では院卒が大卒より優秀であるという印象はうけません。出来る人は学歴に関係なく出来ます、ダメな人は大学院を出ててもダメです。


ではなぜ、院卒が優遇されるのか?理由は幾つか考えられますが、結局のところ世の中まだまだ学歴社会だから、ということではないでしょうか。


つまらないことと思うかもしれませんが、そういうものとして、大学院に進学することをお勧めします。

なお、本来は研究が好きで研究したいから、という理由で進学すべきなのでしょうが、実のところそういう人は少数派です。そういう研究好きの人は博士課程まで進んで、学者になります。まあ、4年生になれば自ずと自分の方向性が分かると思います。

このページの先頭へ